FC2ブログ

    石橋駅から姿川を下り渡良瀬遊水地へ 2019年03月28日 栃木 トラックバック:0コメント:0

    用事が出来たので下野の国に出かけました。

    クルマで往復では普通すぎてあまりに面白くない。
    青春18きっぷは余っているけど、あの辺は車社会で電車を降りるとにっちもさっちもいかなくなる。
    そこで自転車で移動し、用事が済んだら川沿いでも走ってくることにしました。

    昔と違ってグリムの里ということで売り出しているんだそうな。
    飯能にムーミンパークもどうかと思うけど、栃木にグリムねえ・・・

    宇都宮線の石橋駅で降りて走り出します。
    駅から真西に進路をとれば「孝謙天皇神社」
    DSCN0977.jpg
    この辺は京都とつながりの深い土地で護国寺や国分寺跡、
    そこに配流された道鏡を憐れんだという孝謙神社などがあります。
    DSCN0978.jpg
    さらに行くと姿川に当たります。

    昔から良いところだとは思っていたのですが、
    この辺は車社会で、ドライブした記憶はありますが徒歩や自転車で散歩したことはありませんでした。

    なんか、いろんな公園ができとるな・・・

    男体山です。

    まだまだ田舎だなあ。野草もたくさん生えているし冬が寒いのをのぞけば良い所なんだけどなあ。

    住んでいた頃と大違いなのは、北関東自動車道ができたこと。

    栃木ICと宇都宮ICのちょうど中間点なので、
    東京から来るときは栃木市から延々30分も下道を走っていましたが、いまや数分でつきます。

    東京では桜は7から8分咲きになっていますが、こちらはまだつぼみのまんま。

    用事を終わらせて姿川に復帰します。

    用事に時間をとられすぎて、もうすぐ3時になってしまいます。

    どこまで行けるでしょうか?

    姿川はサイクリングコースになっており安全なのですが
    東京周辺のとは異なり、整備の手が行き届いているわけじゃありません。
    まあ、昔は舗装さえされていなかったのだから、それに比べりゃ進歩だよな。

    護岸工事もあり、右岸・左岸と移動しながら走り、姿川と思川との合流地点

    ここからは思川を走ります。

    三十数年前都落ちした私(笑)がこの川まで来て、都を懐かしんだので思川。
    というような由来だと思っていたのですが全然ちがいました。
    まあ昔、この思川を東武線の車窓からみて栃木を気に入ったでした。

    左の荒れている方がサイクリングロードです。

    クマ注意じゃなくてイノシシかよ・・

    ますます荒れてきました。

    この先、サイクリングロードはなくなり、未舗装路を少し歩き、
    DSCN1041.jpg
    両毛線の線路を越えたところで復帰

    管理者が代わったら、舗装の状態も良くなった。

    しばらく走ると、いよいよ渡良瀬川の標識が

    ヘビに注意じゃなくて直接的にマムシに注意

    とうとう、渡良瀬川 0.0 km !

    あれ、だけど川がない?
    道もつづく・・・

    - 0.5kmって、やっぱり行き過ぎたんかい

    そして、ここが終点でした。

    この先は「渡良瀬遊水地」で、昼間なら侵入できるコースが別にあります。

    渡良瀬遊水地に落ちる夕日を眺めて・・・

    「渡良瀬川でみる夕日は・・・」と娘に写メを送ったら
    「ここに住みたいと言った」と返事が来た。

    あたまの中は、森高千里が延々ループしています。

    本日の走行距離:52km
    用事も済ませましたし、まあよかったんでないかい。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:旅行記 - ジャンル:日記

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック URL
    http://ochanomizu817.blog65.fc2.com/tb.php/301-c1f19e74
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)