fc2ブログ

    都道420号線の今 その3 2017年01月11日 東京 トラックバック:0コメント:2

    中野駅を越えて、都道420「中野通り」を北上する。

    方向は、右上方向の「哲学堂」方向だ。
    途中、新年の参拝でにぎわう「北野神社」新井薬師があった。

    この辺は走りやすい。

    西武新宿線の新井薬師前の踏切を越えてしばらく行くと

    哲学堂

    哲学堂とは
    哲学堂公園の地は、源頼朝の重臣である和田義盛の城址。
    明治37年に東洋大学の創設者である哲学者の井上円了が、ソクラテス、カント、孔子、釈迦を祀った「四聖堂」を建設したのが、この公園のはじまりである。内部には、哲学者の像が祀られている。庭園には哲学に由来するユニークな名前の坂や橋などが点在し、井上円了の思想と世界観を垣間見ることができる。昭和50年に中野区立公園

    ふーん

    哲学堂公園の末端で、

    420号は新青梅街道にあたり、そこで行き止まりとなる。
    091.jpg
    目白方向へちょっと走って、

    次の角を左折し北上を続ける。

    なんか普通の街路になってしまった。

    目白通り

    しかし、拡幅は予定されているようで、こちらにも建設予定の看板は立つ。

    西武線の踏切に至る。

    私はなんとなく、この黄色い無骨な電車が好きだ。

    ここから再び都道という雰囲気になって

    下馬と同じぐらいに整備済みの区間を行く

    見えてきたのは大谷口給水所

    大谷口とかいうから仏塔かと思ったよ

    そして、繁華街になってきた。

    道は、国道254川越街道にぶつかったところで行き止まり。
    この先は、大山のアーケード街だ。

    アーケードを抜けると東武東上線の踏切で、

    ここから420号は復活
    09.jpg
    東京都健康長寿医療センターがあった。

    その横には建築中のフェンスがあるが、こいつは病院改築中で、420号とは関係ないらしい。

    そして、見えてきた国道17号

    上は首都高速だ。
    10.jpg
    この首都高と17号に挟まれた空間に板橋宿の記念碑があり、ここで420号を辿る旅は終点となる。

    帰路は王子駅に出た。

    正月でもあり、あまり店はやっていなかったが、

    駅前の回転ずし
    回転寿司とはいっても回っているのはごくわずか。普通に頼んで普通に食べる寿司屋さんだった。
    うまかったよ。

    永遠に建設中の都道420号だが、都庁の役人さんとか建設省のお役人様には頭が下がるな。
    何世代かかったら完成するのか、それまで待つ姿勢はすごい。
    だけど、もうこれ以上、道路を増やさなくても良いのではという気もする。

    という感想をもって、この旅は終わる。
    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

    コメント

    取材乙
    あったらあったで便利になるよ、420号線は。
    「これ以上道路を増やさなくても…」というくだりは賛成いたしかねる。
    川崎市なんか、ホント、ひどいもん。
    幹線道が途中で分断されて、住宅街の中を中型、大型トラックが迂回してるとか、
    駅前幹線道が慢性渋滞のままとか、道路整備をきちんとしてこなかったツケが露呈している。
    隣の調布市、稲城市、横浜市は幹線道がどんどん整備されて、渋滞も解消されているのにね。
    1. 2018/11/07(水) 11:40:21 |
    2. URL |
    3. JJ #-
    4. [ 編集 ]
    Re: 取材乙
    コメントありがとうございます。

    > あったらあったで便利になるよ、420号線は。

    そうでしょうね。東京は環状線方面が不足していますので便利にはなるでしょうね。


    1. 2018/11/12(月) 10:57:48 |
    2. URL |
    3. お茶の水博士817号 #-
    4. [ 編集 ]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック URL
    http://ochanomizu817.blog65.fc2.com/tb.php/225-bff0f923
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)