FC2ブログ

    立会川を下る 2009年04月06日 立会川 トラックバック:0コメント:0

    立会川

     水源は東横線沿線の碑文谷公園に発するものと、目黒通りに近い清水池公園に発する支流。もうひとつは碑文谷八幡神社の表参道近くから流れる支流と、いずれも目黒区碑文谷を源流とし目黒区、太田区を流れ東京湾へ注ぐ川の流れである。

    tachiai.jpg

    立会川源流部のルートマップ

    他にも水路はいくつか見つけられる。

    IMG_0558.JPG  碑文谷公園の東南の角から流れていたはずである。
    IMG_0561.JPG  いまやすべてが暗渠となり、公園の弁天池からの取水口も見当たらない。わずかにこれかな?という鉄格子が残るのみだ。
    IMG_0553.JPG  碑文谷公園から発した流れは暗渠の中を流れて行く。川があったらしい場所は歩道が広くなっており、判断に困るところはない。目黒通りの碑文谷ダイエーの近くを通り、目黒通りを渡ってから田向公園へと入る。
    IMG_0563.JPG  田向公園はふだんは子供が遊ぶ普通の公園だが、碑文谷八幡のお祭りのときには碑文谷町会の集合場所となる。そうそう夏のラジオ体操では早朝から住民の集まる場所でもある。
    IMG_0564.JPG  田向公園からサレジオ教会に向かう。
    IMG_0565.JPG  サレジオ教会の裏通りを通り、円融寺正門方向へ進む。
    IMG_0649.JPG

     サレジオ教会横。左のマンションは以前はオリベッティ日本支社が建っていた。

     ここで、すずめのお宿緑地公園からの支流と合流する。

     すずめのお宿緑地公園。ここから、もう一本の支流が発していた。

    IMG_0645.JPG
     この坂の左側(東側)を流れていた。 IMG_0646.JPG
    サレジオ教会前のバス通りを横切り、先ほどの 旧オリベッティ横で合流する。 IMG_0647.JPG
    IMG_0568.JPG

    円融寺正門

    IMG_0650.JPG  実際には、円融寺正門に至る50m程前で右方向の小道に流れていく。この先は立会川遊歩道となっている。
    IMG_0569.JPG

     立会川遊歩道は、碑文谷八幡から流れてきた支流と合流し向原へと向かう。

     写真は碑文谷八幡宮参道の大鳥居

    IMG_0570.JPG  ここは立会川遊歩道として暗渠化した川の上に遊歩道を作り散歩道と化している。
     IMG_0653.JPG

     向原小学校の脇で清水池公園からの支流と合流し旗の台へと向かう。しばらく遊歩道はなくなる。

     左側が立会川遊歩道。右側は清水池公園からの支流。

     清水池公園への支流をさかのぼる。向原小学校の脇を真っ直ぐ進むとT字路にあたる。広かった歩道がなくなるので、川の流れの方向が確認できる。ここは右折。 IMG_0654.JPG
    しばらく行くと、円融寺裏門へ続く参道にでた。 IMG_0659.JPG
    ここの交差点は5差路になっていたのだが、うち2本は川だったのね。と判明した。 IMG_0657.JPG

     途中、戦前から建っていたというかのような木造アパートが建っていた。表札あり、車ありでまだ人が住んでいるらしい。

     昼間はなごむ雰囲気だけれど夜間は怖いだろうなあ

    IMG_0661.JPG
     さらに川をたどると目黒区立七中の後ろに出た。清水池公園はもうすぐだ。 IMG_0666.JPG

     支流の源流、清水池公園

     写真の左に取水口が。ここが川への流出路らしい。

    IMG_0687.JPG
     ここが取り入れ口だったらしい。 IMG_0673.JPG
    IMG_0571.jpg  もとに戻って、向原小学校前の合流部。ここから下流へ下る。
    IMG_0576.JPG  昭和大学病院の横を通り中原街道を越え、旗の台の駅をかすめて下流へと向かう。駅近くでは普通の道と思うような商店街風の道だが歩道が広く、桜が植わっているなど整備されているので川の跡だと判る。
    IMG_0577.JPG  おおむね緑道とか遊歩道、公園など憩いの場になっている部分が多いが、東急大井川線をくぐるところでは、駐輪場になっていたりする。
    IMG_0592.JPG

     再び遊歩道や公園となり、しばらくいくと荏原町の駅に出る。さらにたどると、大井町の駅に出てしまう。

     ここで川をLOSTしてしまった。駅の西側では全く川の痕跡がみつからないのだ。

    IMG_0595.JPG  しかたがないので大井町駅の東側を探索すると、それらしい歩道を見つけた。視線を遠くにやれば駅西側では大井町ホテルの地下を流れているようだ。
    IMG_0597.JPG

     さて再び巡り合った立会川をたどる。しばらくするとやっと暗渠から川面が見えるようになる。国道1号を越え、国道15号を越えると京浜急行立会川の駅に出る。

    IMG_0601.JPG

     バスクリンを流したような、水の色。そこかしこに、立会川をきれいにしまょうとか、ボラが大量に釣れたとか。環境美化ポスターがいっぱい。日本人は川にゴミを放り込む習慣はないから、きれいにするなら浄化設備の問題だよね。

    IMG_0603.JPG IMG_0602.JPG
    IMG_0604.JPG  京浜急行立会川駅を過ぎると目の前にそびえるでかいフェンス。なにかとおもったら勝島運河で立会川の終点・河口であった。
    IMG_0610.JPG

     立会川の終点にはなぜかできの悪い坂本龍馬像が建っていた。なになに土佐藩の砲台があり龍馬が勤務していたことがあるそうな。ふーん。

    IMG_0609.JPG

     できの悪い坂本龍馬の像の台座はキャスターがついて移動できるようになっていた。キャスター付き銅像なんて初めて見たぞ。

    IMG_0616.JPG

     運河は川面に菜の花、土手に桜と、それはきれいであった。あっと言う間に終点についてしまったので、しばしベンチに座りタバコを吹かしているとリハビリ中というおじさんがとなりに座って話しかけてきた。

    「ここはソメイヨシノじゃなくて白い桜が多いんですねえ」

    IMG_0619.JPG

    「桜って、すごい花ですよねえ」
     同感である。桜って自分の生命をこれでもかというぐらい自己主張して咲いている気がしません?

     枝だけでは足りなくて幹の途中から花をつけている木もある。桜の幹を切ったら中から花が破裂するばかりに飛び出てきそうな気がしません?

    IMG_0623.JPG  勝島運河は、とにかく犬の散歩が多い。犬の散歩に動ぜず道の上で日向ぼっこをしている猫を見つけた。
     通りがかりの犬なんか敵じゃないとでも思っているかのごとく安心しきっている猫だった。
    IMG_0624.JPG  さて、仕事までにまだ時間があるので、運河を渡って東京湾側を走って見よう。この辺はなんか臭い。橋が見える。橋の上にはおしゃれな駅が建っている。
    「東京モノレール、大井競馬場前駅」
    IMG_0637.JPG IMG_0638.JPG
    橋の上からの眺めはけっこうなものでした。羽田に行く時、モノレールから見える緑のグリーンベルト地帯はここだったんだなと納得した。  橋を越えると京浜運河緑道公園という。南北に細長い公園である。自転車は通行可なので、そのままズンズン走り抜ける。ちょうど2009年桜の見ごろの休日であっちでもこっちでも花見をしていた。
    IMG_0627.JPG  南北に細長い公園の真ん中から入ってしまったので一周ではなく南北完全往復してしまった。
    IMG_0636.JPG  途中、海岸らしきものもある。
    IMG_0632.JPG  南の方は野鳥公園を経て、しばらく行くと城南島海浜公園という突端に当たるはずだが、時間切れで太田花き市場の先までとなった。
    IMG_0631.JPG

     本日の終点。ここから、京浜急行立会川駅まで戻り自転車をたたみ、都心部へと仕事にことにした。

     先ほどおしゃれな駅言ったモノレールの駅を過ぎるとまた臭い。横を見ると塀の中を馬が歩いている。ああ、競馬場だもんな。厩舎があるから臭いんだ。やっと納得した。

    IMG_0642.JPG  仕事場で休息をとる自転車。職員に自転車できたんですかあ。と笑われてしまった。


    スポンサーサイト