枡形山 2017年06月05日 東京 トラックバック:0コメント:0

    枡形山に行ってきた。

    どこだ、それ?

    場所は生田緑地公園の一番標高が高いところであるw
    半日、暇になったので散歩にでかけた。
    目的は先日直したトレッキングシューズの具合を確かめること。

    たった半日なので、あまり交通費を使いたくない。
    以前に調子こいて、日曜の午後に松田まで電車に乗ったら、着いた頃には陽が沈んでしまったことがあった。
    二子玉川からバスで行く。私は東急全線バス定期券というのを持っているので、東急バスであるなら乗り放題なんだ。
    ただし、東急バスの通勤定期って高くて、毎回220円払って乗ってもそう変わらない。

    枡形山に登るには、生田緑地の入口から入ればよいのだけれど、駅から何処が近いか地図で見てみる。

    一歩入った途端に、けっこうな森だなと感じた。

    鬱蒼としている。

    市民にとっては良い場所だな。
    元は北条方の城だったそうで、たしかに籠るにはよさそうな地形だ。

    途中、長者穴横穴墓群というのがあった。

    そうそう、こういう穴蔵って、お墓だと思うんだよね。

    穴居人跡とかって、宣伝されている場所もあるけれど、
    蛇だの蝙蝠だの虫だの湿気だので、日本の地形では洞窟には住みにくい。

    これを登ると飯室山の展望台があった。

    スカイツリーがよく見える。

    さらに、小道をたどれば

    枡形山

    山頂は小広い広場になっていて城風味の展望台。

    とってつけたような出来栄えだが、エレベータも付いていた。

    天守閣からは眺望が良い。

    広場で一休み。

    近くの大学の女学生だろうか、キャッチボールをしていた。
    なかなか良い球を投げていたが、
    「女遊びをするような彼氏ってだめだわ」
    「あたし、そんな心広くないもん」

    ごもっともで・・・

    ソールを張り替えたトレッキングシューズは、さほど問題はない。

    ま、当たり前といえば当たり前なのだが、重量増加に伴ってインソールを交換してある。
    多少、新品のように当たる部分はあるけれど、そのうち慣れるだろう。

    さて、

    向ヶ丘遊園や民家園には子供の頃から何回も来ているが、

    芝生広場を避ければ鬱蒼とした緑なんだと初めて知った。

    さらに降りると、ホタル園

    6月中旬から下旬にかけてホタルの観察ができるのだそうな。

    今度、夜に来てみよう。

    散歩には良い所だと思った。
    通勤定期で行くハイキングでした。
    スポンサーサイト

    テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

     » »